ウルティマ ゲームタイム30(¥1,501) 

Publish69 メモ


1.Magic reflection

Publish69における、Magic reflectionの変更点をまとめます。

(1)属性抵抗値の変化

  Publish68 Publish69
物理抵抗 -25〜-20 -20〜-15
炎抵抗 +10 +10
冷気抵抗 +10 +10
毒抵抗 +10 +10
エネルギー抵抗 +10 +10
その他 物理抵抗値の減少値は書写スキルによる。 物理抵抗値の上限が5低下する
物理抵抗値の減少値は書写スキルによる。

(2)攻撃魔法の反射

magic reflectionを詠唱すると、magery, inscribe, resisting spellsスキルに応じたリフレクションパワーを得ます。
この状態で攻撃魔法を受けるとき、リフレクションパワーが攻撃魔法の強さ(実際の威力ではない)を下回らない限り、 魔法効果を詠唱者に反射することができます。
ただし、リフレクションパワーは反射した攻撃魔法の強さに応じて減少します。

リフレクションパワーの算出

A : mageryとinscribeによる影響

([magery/2]+[inscribe/2])/60
ただし、Inscribeスキルが50.0以上でのみ有効。[ ]内は端数切捨

B : resisting spellsによる影響

0.6 + 5.4 × ( [resisting spells] / 120 )
[ ]内は端数切捨

リフレクションパワー=(A×B)×10(%)
リフレクションパワーは100%が最大です。
magery+inscribe

resistspell
60 90 120 150 180 200 220
0 3% 4% 6% 7% 9% 10% 11%
20 7% 11% 15% 18% 22% 25% 27%
40 12% 18% 24% 30% 36% 40% 44%
60 16% 24% 33% 41% 49% 55% 60%
80 21% 31% 42% 52% 63% 70% 77%
100 25% 38% 51% 63% 76% 85% 93%
120 30% 45% 60% 75% 90% 100% 100%

攻撃魔法の強さ(リフレクションパワーの減少量)

magery魔法

necromancy魔法

mysticism魔法

リフレクションパワーの回復と再使用制限

リフレクションパワーが失われると、魔法を反射することができなくなります(抵抗値変化は有効)。再度魔法を反射できるようにするには、
magic reflectionを詠唱しなおす必要があります。
ただし、リフレクションパワーを得た後、一度魔法を反射してから30秒間は、magic reflectionを詠唱しなおしても
リフレクションパワーを得ることはできません。

magic reflectionの解除

自身でmagic reflectionの効果を解除するには、リフレクションパワーが残っている状態でmagic reflectionを詠唱する必要があります。
リフレクションパワーが失われた状態でmagic reflectionを詠唱した場合、リフレクションパワーが得られます。

2.Cleansing wind

cleansing windの回復量は毒だけでなくプレイヤーにかけられたマイナス効果(Curseなど)も考慮したものとなります。
マイナス効果にはぞれぞれCurse Powerが設定されており、Curse Powerが大きいほど回復量のペナルティが大きくなります。

魔法などのCurse Power

毒とCurse Powerを考慮した回復量

Cleansing windの回復量は、毒とCurse Powerにより2段階で減少します。

(1)Curse Powerによる一定値の減少

減少量は、回復するキャラクターにかけられた総Curse Powerの3倍です。
回復するキャラクターにCurseとParalyzeがかけられていた場合、総Curse Power=9の3倍となる27が基本の回復量から差し引かれます。

(2)毒およびCurse Powerによる一定率の減少

(1)で差し引かれた回復量の(総Curse Power+毒レベル×15)%だけ、さらに差し引きます。
(1)の条件にさらにLevel2毒が追加された場合、(1)で差し引かれた回復量の39%をさらに差し引きます。
(1)および(2)により回復量が0以下となる場合、Curse効果は解除されず、HP回復量はCurse効果を考慮しない値となります。