ウルティマ ゲームタイム30(¥1,501) 

Shame産マジックアイテムの抽出評価

Publish73で導入された、新マジックアイテムの抽出評価について調べてみました。
その結果、アイテムランクおよび一部マイナス効果も影響していることが確認できました。
プロパティ数補正についても、引き続き確認する予定です。
Publish74以降、(1)およびCursedの補正はなくなりました。

(1)アイテムランクによる補正

(2)マイナス効果による補正

(3)耐久値による補正

新マジックアイテムは、耐久値25以下のとき、抽出評価に影響を与える(従来のマジックアイテムは50以下)。
影響の大きさは、耐久値25を下回って1ポイントごとに-4%で、(1)および(2)の補正と合算される。
耐久値によっては、抽出自体ができなくなる場合もある。

(4)従来の仕様の適用

新マジックアイテムに練成を行った場合、従来と同じように、抽出評価が-30%されるペナルティがある。
上記(1)〜(3)の補正と合算される。
素材補正、種族補正、施設補正は従来どおり機能する。
プロパティ数の影響はあるようだが、その法則はまだ確認できていない。

(4)計算例

武器:マジックアイテム[中級]、補強不可、マナ+4、マナ回復3、マナコスト-3%


マジック部分の合計強度率=50+150+37=237
補正なし〜女王のソウルフォージ・・・Magical Residue×4〜5, 0.7*(237+0〜30)=165〜186
ガーゴイル+女王のソウルフォージ・・・Enchanted Essence×1〜2, 0.7*(237+50)=200