ゲームタイム 30  ゲームタイム 180 

バージョン/Version





[version 0b22 Rev.1~3 / 2018/12/06]
 ○ コモンラベルリストの不具合の修正。

 ○ Fixed bug in common label list.

[version 0b22 / 2018/12/06]
 ○ 複数クライアント起動にて、アクティブなクライアント以外のファセットが違う場合でも、同一のカラー表記になっていた不具合を修正。
 ○ 方向ガイトの三角形が別ファセットのときも同一のカラー表記になっていた不具合の修正。
 ○ ユーザーラベルリスト上で、選択したものを直接一時マーカーに指定できるボタンを追加。
 ○ ユーザーラベルリストで、アイコンやファセットで順序をソートできる機能を追加。
 ○ コモンラベルリストを追加。
 ○ 「カーソル位置のユーザーラベル追加/編集」の名称を「マウスカーソル位置のユーザーラベル追加/編集」に変更。
 ○ サーバー境界線、および8x8グリッドのライン描画を改善し、拡大しても点線にならないように変更。
 ○ 多角形の複数モニターを使用中に、画面外にでてしまう場合がある不具合の修正。

 □ 返信がこない要望2件の未実装。

 ○ Fixed a problem with same color notation even when facet other than active client differed at multiple client activation.
 ○ Fixed a problem that was the same color expression even when the direction triangle of the direction guite was another facet.
 ○ Added a button on the user label list that allows you to directly select the selected item as a temporary marker.
 ○ Added a function to sort the order by icons and facets in the user label list.
 ○ Add common label list.
 ○ Change the name of "Add / Edit User Label at Cursor Position" to "Add / Edit User Label at Mouse Cursor Position".
 ○ Improve the line drawing of the server boundary line and 8 × 8 grid and change it so that it does not become a dotted line even if it expands.
 ○ Fixed a bug that sometimes got out of the screen while using multiple monitors with polygons.

 □ Requests not receiving replies Two unimplemented.


[version 0b21 / 2018/11/12]
 ○ プレイヤーのポインタに、進行方向のガイド表示を追加。
  *これは移動した方向を示すもので、キャラクターの向いている方向ではありません。
  表示設定の進行方向ガイトでオンオフできます。
 ○ ウィンドウの初期位置がモニターの画面外に出てしまわないように変更。

 ○ Added a guide display in the direction of travel to the pointer of the player.
 * This indicates the direction of movement, not the direction the character is facing.
 You can turn it on and off in the Display Changes>Move Direction Guide Display setting.
 ○ Changed so that the initial position of the window does not go out of the monitor screen.


[version 0b20 Rev.2 / 2018/10/31]
 ○ 0b20 Rev.1により、「管理者権限で再起動」に不具合が起こるケースの修正。

 ○ Fixed a case where a problem occurred in "Restart with administrator" with 0b20 Rev.1.


[version 0b20 Rev.1 / 2018/10/30]
 ○ 複数起動によりクライアントに悪影響を与える可能性があるため、ミューテックスを追加。

 ○ Added a mutex because there is a possibility that the client may be adversely affected by multiple activation.


[version 0b20 / 2018/10/30]
 ○ 長期間稼働していると、時間により共有の[JOIN]などがずっと残ってしまう事がある不具合の修正。
 ○ 位置共有時は、必ずキャラクター名ではなく共有名(セルフネーム)の方を表示するように変更。
 ○ 公認応募に関するインフォメーションの一時撤去。

 ○ Fixed a problem that shared [JOIN] etc may remain all the time when operating for a long time.
 ○ When sharing a location, be sure to display the share name(self-name) rather than the character name.
 ○ Temporary removal of information on official application.


[version 0b19 Rev.2 / 2018/10/20]
 ○ 0b19 Rev.1で、UOSAクライアントでの再ログイン時に座標が0,0ではないため、アカウント名が表示されてしまう問題がのこっていたのを修正。

 ○ In 0b19 Rev.1, since the location are not 0,0 at the time of re-logging in the UOSA client, the problem that the account name is displayed has been fixed.


[version 0b19 Rev.1 / 2018/10/20]
 ○ 名前を取得しているUOクライアントのウィンドウテキスト(Windowsの一般情報)で、アカウント名が表示されてしまう問題で、座標が0,0の場合はそもそも名前を更新しないように変更。
  なお、繰り返しになりますが、位置共有ではセルフネームで指定した名称以外送信されません。

 ○ The account name is displayed in the window text (general information of Windows) of the UO client that is acquiring the name. When the location are 0,0, the name is not updated in the first place.
  In addition, although it will be repeated, position sharing will not send anything other than the name specified by self-name.


[version 0b19 / 2018/10/19]
 ○ チャットウィンドウとチャットログにて、接続ユーザーの[JOIN]と[QUIT]、[RENAME]を表示し、誰がいるのかを把握できるように変更。
  メインウィンドウもこれに準拠し、名前変更なのか新規なのかを区別できるように変更。

 ○ Displayed [JOIN], [QUIT], and [RENAME] of connected users in the chat window and chat log so that they can grasp who they are.
  The main window also conforms to this and changes so that it can be distinguished whether it is a name change or a new one.


[version 0b18 Rev.3 / 2018/10/19]
 ○ プログラムを終了した際に、正しくプロセス終了が完了せず、デーモンプロセスが残存してしまう不具合の修正(3)

 ○ Fixed a problem that process termination did not complete correctly and daemon process would remain when program terminated (2)


[version 0b18 Rev.2 / 2018/10/19]
 ○ 0b18 Rev.1の64bitで2D Clientのマップ使用時にブラックアウトするバグの修正。

 ○ Fixed a bug that caused blackout when using 2D Client map with 64bit of 0b18 Rev.1.


[version 0b18 Rev.1 / 2018/10/19]
 ○ 2D Clientのマップ使用時のヒープ破損バグの修正。
 ○ プログラムを終了した際に、正しくプロセス終了が完了せず、デーモンプロセスが残存してしまう不具合の修正(2)
 ○ 公認応募に関するインフォメーションの表示。

 ○ Fixed heap damage bug when 2D Client map was used.
 ○ Fixed a problem that process termination did not complete correctly and daemon process would remain when program terminated (2)
 ○ Display information on official application.



[version 0b18 / 2018/10/12]
 ○ ホストとして起動している間に通信の開始や停止があった場合、access_logフォルダにログとして出力されるように変更。
 ○ ホストサーバーを「起動時に開始」するオプションを追加。
 ○ プログラムを終了した際に、正しくプロセス終了が完了せず、デーモンプロセスが残存してしまう不具合を修正。

 ○ When communication is started or stopped while running as a host, it is changed to be output as a log in the access_log folder.
 ○ Added option to start host server "Run with startup".
 ○ Fixed a bug that process termination did not complete correctly, and daemon process would remain when the program was terminated.

[version 0b17 Rev.2 / 2018/10/07]
 ○ 0b17より、セルフカラー情報の保存の不具合の修正。

 ○ From 0b17, fix the problem of storing self color information.


[version 0b17 Rev.1 / 2018/10/06]
 ○ 旧カラー情報が更新で壊れる不具合の修正。

 ○ Fixed a problem that old color information breaks on updating.


[version 0b17 / 2018/10/06]
 ○ 10個の接続プロファイル切り替え。プロファイルには、セルフネーム、セルフカラー、接続先情報が含まれます。
 ○ ゲスト側のプログラム終了時に、ログアウト送信が正しく送られない場合がある不具合の修正。


 ○ 10 share profile switching. The profile includes self-name, self-color, connection destination information.
 ○ Fixed a bug that sometimes the logout transmission may not be sent correctly when the program on the guest side ends.


[version 0b16 / 2018/09/26]
 ○ 六分儀の入力で、NがS扱いされてしまう不具合の修正。
 ○ user.mapの名前を変更してコモン扱いにしても、シャード特有の表示が適用されるように変更。
 ○ マップファイル単位で、ラベル表示のオンオフを切り替える機能を追加。
 ○ 位置共有で、接続継続中にホスト側のプログラムを先に終了させると、ゲスト側がクラッシュする不具合の修正。
 ○ チャットのログを、プログラム以下のフォルダ以下 "chat_log/(day).txt" に出力するように変更。
 ○ コモンラベルの更新。


*コモンラベルのcommon.quest.mapについては大いに時事ネタバレを含むので、NGな人は新機能、「ラベル表示切り替え - ON/OFF」でcommon.quest.mapのチェックを外しましょう。


 ○ Fixed a bug that N was handled as S with sextant input.
 ○ Changed so that shard specific display is applied even if user.map is renamed and treated as common.
 ○ Added a function to switch on / off label display on a map file basis.
 ○ Fixed a bug that the guest side crashes if the host side program is terminated first while continuing the connection by position sharing.
 ○ Changed chat log to be output to "chat_log/(day).txt" below the program folder.
 ○ Update common label.


* Since common-label common.quest.map contains greatly news Spoiler, NG people should uncheck common.quest.map with the new function, "Label display switching - ON/OFF".




[version 0b15 Rev.3 / 2018/08/31]
 ○ 船で移動中などにマップをドラッグした場合に、ドラッグ位置が一時的に優先されるように変更。
 ○ マップを移動した後に自分を中央に戻す、「プレイヤーを中央に表示する」を追加。

 ○ When dragging a map while moving on a ship, change the drag position so that the drag position temporarily takes precedence.
 ○ After moving the map, move yourself back to the center and add "Display player in the center".



[version 0b15 Rev.2 / 2018/08/13]
 ○ マルチクライアント使用時のために、「対象クライアントを現在のアクティブでロック」の設定を追加。

 ○ Added setting "lock target client as current active" for multi client use.



[version 0b15 Rev.1 / 2018/08/02]
 ○ プロセスが正常に終了しない場合がある問題の修正テスト2。
 ○ トレハン地図で、速度→詳細の各段階、50W 75W 100W の選択肢を追加。数値が大きいほど判定エリアが広く、速度は遅くなる。

 ○ Process may not terminate correctly Fixed problem Test 2
 ○ Added choices of 50 W 75 W 100 W for each stage of speed → detail in Treasure hant map. The larger the value, the wider the judgment area and the lower the speed.



[version 0b15 / 2018/08/01]
 ○ 資源などの管理単位である8x8グリッドのラインを表示する設定を追加。
 ○ トレハン地図で200x200の地図を選択肢に追加。

 ○ Added setting to display lines of 8×8 grid which is management unit of resource etc.
 ○ Added map of 200 x 200 to the choice on Treasure Hant map.



[version 0b14 Rev.1 / 2018/07/31]
 ○ サーバ切断したときに反応していないサーバーだった場合にプログラムが停止してしまう問題の修正。
 ○ 32bitOSでUOフォルダが見つからない場合がある問題の修正。
 ○ 一部の環境(主に古いOS)で、マップ変換後に自動的に表示が切り替わらなかった問題の修正。
 ○ チャットの改行コードの改善。
 ○ チャットが一部の環境で発言が表示されなかった不具合の修正。

 ○ Fixed a problem that the program stopped when it was a server that was not responding when disconnecting the server.
 ○ Fixed a problem that UO folder could not be found in 32bit OS.
 ○ Fixed a problem where display was not automatically switched after map conversion in some environments (mainly old OS).
 ○ Improve the line feed code of chat.
 ○ Fixed a bug that speech was not displayed in some environments of chat.


[version 0b14 / 2018/07/31]
 ○ 日本語ラベルがオフの時にユーザーラベルの追加をすると、再起動するまで名前が適用されない不具合の修正。
 ○ 「ユーザーラベルの追加/編集」を「中央位置にユーザーラベル追加」と、「カーソル位置のユーザーラベル追加/編集」の2つに分けた。
 ○ チャットウィンドウの追加と、位置共有メンバーとのチャット機能の追加。

 ○ Fixed a bug that name was not applied until reboot if user label was added when Japanese label was off.
 ○ "Add / Edit User Label" is divided into "Add User Label at Center Location" and "Add/Edit User Label at Cursor Position".
 ○ Added chat window and added chat function with location sharing member.


[version 0b13 / 2018/07/31]
 ○ 共有の開始停止によるメモリリークの修正と、ホスト側で通信の処理が閉じれずにプログラムが正しく終了しない場合がある不具合の修正。
 ○ 共有メンバーリストのウィンドウをモードレス(本体ウィンドウの操作をロックしない)に変更。
 ○ UOSAクライアントのマップ画像が見つかっている場合に「UO2Dマップを優先にする」を選択すると、マップ変換が実行されなかった不具合の修正。
 ○ トレハン画像解析のロジックの改善。

 ○ Fixed a bug in memory leak correction due to start / stop of sharing, and sometimes the program might not terminate properly because the communication processing was not closed on the host side.
 ○ Change the window of the shared member list to modeless (do not lock the operation of the main window).
 ○ Fixed a bug that map conversion was not executed if "Force UO2D Map" was selected when the map image of the UOSA client was found.
 ○ Improvement of treasure hant image analysis logic.


[version 0b12 Rev.2 / 2018/07/29]
 ○ OSの言語の判定を GetSystemDefaultLangID() から GetUserDefaultUILanguage() に変更。
 ○ 位置共有の際の名前を、指定されたセルフネームに限定するように変更(タイミングによってアカウント名が出てしまう事があるため)
  以降のバージョンでは、共有される名称はセルフネームに指定したもののみで、キャラクター名やアカウント名がでることはありません。

 ○ Change the OS language judgment from GetSystemDefaultLangID () to GetUserDefaultUILanguage ().
 ○ Changing the name at the time of location sharing to be limited to the designated self name (as account name may appear depending on the timing)
  In later versions, the shared name is only those specified in the self-name, and the character name and account name are never included.


[version 0b12 Rev.1 / 2018/07/28]
 ○ 0b11の変更から、画面サイズが毎回変更されている判定になり、負荷と不要な再描画が常に発生していた不具合を修正。
 ○ 共有メンバーリストで、ゲスト側になった場合に自分の座標が更新されない問題の修正。

 ○ From 0b11 change, it was judged that the screen size was changed each time, and the problem that load and unnecessary redrawing always occurred was fixed.
 ○ Fixed a problem that my coordinates are not updated when I become the guest side in the shared member list.


[version 0b12 / 2018/07/28]
 ○ メニューから表示する言語を日本語と英語から任意に選択、切り替えができ、その設定を保存できるようにした。
  *uovmcはベータ時にメニューが日本語固定になるバグがありましたが、開発初期から日本語と英語に対応できるように設計されており、OSの地域設定で「日本語」を選んでいない環境のPC上では全て自動的に英語表記になるようにしていました。
  が、従来のアプリのように、言語の選択の場所が無い事が原因なのか、「このアプリは日本語しか表示しないから使えない」と言われて、確認してすらもらえませんでした。
  ならいっそ任意の切り替えができるようにすれば誰でも解るということで、言語を任意に切り替えられるようにしました。
 ○ 0b11の変更から、最前表示でスタートすると空白部分ができてしまう不具合の修正。

 ○ You can select and switch the language to be displayed from the menu arbitrarily from Japanese and English, and save the setting.
  * uovmc had a bug where the menu was fixed in Japanese when it was in beta, but it was designed to be compatible with Japanese and English from the early development stage, and in the environment setting "Japanese" as OS regional setting On the PC everything was made automatically to be written in English.
  However, it is said that it is caused by lack of a place of language selection like the conventional application, even if it is told that "This application is displayed only in Japanese, it can not be used" and it was not even confirmed.
  So if you can make any switching at any time, anyone can understand, so you can switch languages arbitrarily.
 ○ Fixed a problem that a blank part will be formed when starting with the forefront display from 0b11 change.


[version 0b11 / 2018/07/27]
 ○ 位置共有で、共有しているメンバーをリスト表示し、接続しているメンバーのうちの一人の位置をトレース。または自分からそこまでのマーカーを任意に表示できるようにした。
 ○ 0b3 Beta3 以降で、最前表示ではない状態で使用すると、毎更新毎に描画エリアを再作成する不具合を修正。意図しない無駄な高負荷と動作不安定を解消。

 ○ With location sharing, list shared members and trace the position of one of the connected members. Or you can arbitrarily display markers from yourself.
 ○ Bug Fixed a problem to re-create the drawing area every time when updating everything when using it in the state that it is not the topmost window in 0b3 Beta 3 and later. Eliminate unintended unnecessary high load and operation instability.


[version 0b10 Rev.1 / 2018/07/25]
 ○ 位置共有で、サーバーパスワードが "password" と固定で表記されてしまう不具合の修正。

 ○ Fixed a bug that location of server password is fixed as "password".


[version 0b10 / 2018/07/25]
 ○ トレハン地図の画像マッチングで、SAの×ポイントを検出できない場合が多いのを改善。
 ○ UOSAのトレハン地図の画像マッチング、およびトレハンViewで、トラメルとフェルッカ以外のファセットで縮尺がちがうことが判明し、対応。
 ○ トレハン地図の画像マッチングで、特定の条件のときにクラッシュする問題への対処。

 ○ Treasure hant Improvement that there are many cases where it is not possible to detect points of SA by image matching.
 ○ UOSA's Treasure hant map image matching, and Trellhan View, it turned out that the scales differ for facets other than Trammel and Felucca, and it corresponds.
 ○ Responding to problems that crash when specific conditions are set by image matching on Treasure hant map. 


[version 0b9 / 2018/07/20]
 ○ ユーザーラベルのシャード固有が、複数クライアント使用に正しく切り替えられなかった不具合の修正。
 ○ ユーザーラベル追加ダイアログで、ドロップダウンメニューの閉じた状態でアイコンが表示されなかった問題の修正と調整。
 ○ ユーザーラベル追加ダイアログのウィンドウ表示が遅い問題の軽減。
 ○ ユーザーラベルのリスト表示、およびラベル位置への移動や選択削除。シャード固有の一斉切り替えなどができる「ユーザーラベルのリスト」を追加。

 ○ Fixed a bug that shard specific to user labels could not be switched correctly for multiple client use.
 ○ Correct and adjust the problem that the icon was not displayed when the drop-down menu was closed in the Add User Label dialog.
 ○ Reduction of problem that window display of add user label dialogue is slow.
 ○ Display the list of user labels, move to label position and delete selected. Added "List of user labels" that can simultaneously switch shard specific.


[version 0b8 / 2018/07/19]
 ○ UOフォルダが見つからない場合のメッセージを変更。「UOフォルダ変更」に、フォルダ選択ダイアログを出す参照ボタンを追加。
 ○ 位置表示にシャード名を追加。(クライアントのウィンドウの文字列より)
 ○ ユーザーラベルの追加、編集時に、現在のシャードの固有ラベル(他シャードでは非表示になる)をつけられるように変更。チェックしない場合は全シャード共通。

 ○ Change the message when the UO folder can not be found. Added a reference button to display the folder selection dialog in "UO folder change".
 ○ Add shard name to position display. (From the client window's string)
 ○ Changed to be able to attach the unique label of the current shard (hidden in other shards) when adding / editing user labels. If not checked, all shards are common.


[version 0b7 / 2018/07/17]
 ○ トレハン地図を画像マッチングによって解析する「トレハン地図画像解析」を追加。ただしこれの実行はCPU負荷がしばらくかかり、確実に的中するものではありません。

 ○ Added "Treasure Hant Map Image Analyze" to analyze Treasure hant map by image matching. However, execution of this will take CPU load for a while, and it is not something to be hit hardly.


[version 0b6 Rev.2 / 2018/07/16]
 ○ 地図に反映するプレイヤーネームを任意に指定する、「セルフネーム指定」を追加。これは共有時にも適用されます。英字以外も使用できます。

 ○ Added "Edit Self Name" which arbitrarily designates the player name to be reflected on the map. This also applies when sharing. can use other than English.


[version 0b6 Rev.1 / 2018/07/15]
 ○ UO2Dの現配布バージョンのインストール先を検知できていなかった問題を修正。
 ○ UOクライアントのディレクトリの扱いで、末尾が¥でない場合に自動追加するように変更。

 ○ Fixed an issue that could not detect the installation destination of the current distribution version of UO2D.
 ○ Changed UO client's directory handling so that it is automatically added when the end is not \.


[version 0b6 / 2018/07/13]
 ○ 描画更新の最低単位(位置取得間隔)を改善し、20/秒から60/秒にした。(更新がない場合は描画されないのは変わらない)
 ○ UO2DクライアントのSOS文章から、画像マッチングにより座標を取り出す機能を試験的に作成。使用は「六分儀入力」から。
 ○ マーカーのポイントが画面の端の一部に到達すると発生する不具合の修正。

 ○ The minimum unit of drawing update (position acquisition interval) has been improved to 20/sec to 60/sec. (If there is no update, it will not be rendered unchanged)
 ○ From the SOS text of the UO2D client, experimentally create a function to extract coordinates by image matching. Use from "Sextant input".
 ○ Fixed a problem that occurs when the marker point reaches part of the edge of the screen.


[version 0b5 / 2018/07/11]
 ○ セルフカラー(自分の文字とポインタ色)を指定できるように変更。
 ○ 位置共有の更新
  ・設定したセルフカラーが適用されるようにした。
  ・切断、接続に伴う諸々の不具合の修正。
  ・クライアントを閉じたプレイヤーの表示が残ってしまう不具合の修正。
  ・ホスト側が先に切断した後にゲスト側が切断、またはプログラム終了させるとクラッシュする不具合の修正。
  ・ホスト側またはゲスト側が切断する際、状態の変化が画面に正しく反映されるように変更。ただし、障害などが発生して強制切断された場合は送受信が発生するタイミングまで残る。
  ・実際の移動から送信までの連携調整により、反映までの時間を短縮(およそ2倍となり、最大で0.05秒前後に)
 ○ キーPを押すと、パニック宣言ができるように変更。パニックは複数人が宣言でき、共有されます。ホットキーを指定することもできます。
  パニック宣言がでると以下の表示が加わります。
  ・左上にだれがパニックを出しているかがリストアップ表示。(自分の場合はカッコで囲まれます)
  ・画面が赤線で囲われる。
  ・パニックを出している人までのラインが表示。
 ○ キーDを押すと、名前の頭に[DEAD] をつけることができるように変更。この情報は共有されます。
 ○ 位置共有でのログインログアウト表示
  ・クライアントの新規ログイン(ウィンドウのキャラクターネームが変化)した際に、左上に緑色で[Login] 名前 が30秒間表示される。
  ・ログアウトを検知はしないが、クライアントを終了した場合に、左上に緑色で[Logout] 名前 が30秒間表示される。
  ・ゲストのだれかが接続をきった場合は、そのゲストの名前が全てログアウトとして表示される。
 ○ 複数クライアントを起動し、別のクライアントで追加ログインした場合に、初回のファセットが正しく適用されない場合があった不具合を修正。
 ○ 六分儀入力に、一回ずつ閉じることなく、連続して指定した座標にマーカーを直接追加していけるボタンを追加。


 ○ Changed to be able to specify self color (your character and pointer color).
 ○ Update location sharing
  ・ The set self color was applied.
  ・ Fixed various disadvantages caused by disconnection and connection.
  ・ Fixed a problem that the display of the player who closed the client will remain.
  ・ Fixed a problem that crash occurs when the guest disconnects or terminates the program after the host first disconnects.
  ・ Changed so that when the host side or guest side disconnects, state change is correctly reflected on the screen. However, when a failure or the like occurs and forced disconnection occurs, the timing remains until the timing at which transmission / reception occurs.
  ・ Reduced time to reflect (approximately doubled, up to about 0.05 seconds) by coordination adjustment from actual movement to transmission
 ○ Press key P to change panic declaration. Multiple people can be declared and shared. You can also specify a hot key.
  When the panic declaration appears, the following display will be added.
  ・ List up on who is panicking on the upper left. (In my case it is surrounded by parentheses)
  ・ The screen is surrounded by red lines.
  ・ The line up to the person who is presenting the panic is displayed.
 ○ Change key so that you can attach [DEAD] at the beginning of the name by pressing key D. This information will be shared.
 ○ Login logout display with location sharing
  ・ When a new login of the client (the character name of the window changes), the name [Login] in green is displayed in the upper left for 30 seconds.
  ・ If logout is not detected but the client is terminated, [Logout] name is displayed in green on the upper left for 30 seconds.
  ・ When someone of the guests is disconnected, all the guest's names are displayed as logout.
 ○ Fixed a bug that sometimes the first facet was not correctly applied when starting multiple clients and logging in with another client.
 ○ Added a button that allows you to add markers directly to the coordinates you specified consecutively, without closing to sextantial input once.


[version 0b4 Rev.1 Beta4 / 2018/07/10]
 ○ 自動アップデート機能の追加。これ以降は起動する時に最新のバージョンがある場合は自動更新され、デジタル署名の承認後に起動されます。

 ○ Added automatic update function. From this point onwards, if you have the latest version, it will be automatically updated and will be activated after approval of the digital signature.



[version 0b4 Beta4 / 2018/07/10]
 ○ 一時マーカーの全てに、現在の位置からの距離(タイル数)を表示するように変更。
 ○ 一番近くにあるマーカーに対しての線を表示する機能の追加。
 ○ 【重要】OSが日本語以外のロケールの場合に、メニューの文字列が英語を正しく参照していなかった不具合を修正。

 ○ Changed to show distance (number of tiles) from the current position to all temporary markers.
 ○ Added a function to display the line for the closest marker.
 ○ 【Important】 Fixed a bug that the menu string did not correctly refer to English when the OS was a locale other than Japanese.

[version 0b3 Rev.1 & Rev.2 Beta3 / 2018/07/09]
 ○ common.map, user.map以外の.mapファイルをフォルダに入れると、追加ではなくリセットされ、最後にロードしたものしか内容が見えなくなってしまう不具合の修正。
 ○ 一定の条件で一時マーカーを消すと、表示の一部が消えてしまう不具合の修正。
 ○ ラベル編集で、全てのアイコンの種類が選択できていなかった不具合の修正。

 ○ Fixed a bug that if you put a .map file other than common.map or user.map in a folder, it will be reset rather than added, and only the last loaded item will be hidden.
 ○ Fixed a problem that some of the display disappears when you delete the temporary marker under certain conditions.
 ○ Fixed a problem that all icon types could not be selected by label editing.

[version 0b3 Beta3 / 2018/07/09]
 ○ UOSAクライアントで、ログイン中にログインアカウント名がキャラ名としてuovmc上にでてしまう問題をある程度修正。
 ○ UO2Dのマップ変換で、トラメルもフェルッカになってしまっていた不具合の修正。(facet**.2dファイルを消して再変換して下さい)
 ○ UO2D, UOSAの各クライアントで、トレジャーハント地図の尺度に合わせた表示をするモード、トレハンViewを追加。
 ○ 右上の矢印を右クリックでも回転角度を変えられるようにした。
 ○ ウィンドウを最前表示にした際、地図表示エリアのサイズと位置が変動しないようにした。
 ○ SOSなどに向けて、六分儀形式で座標入力して移動させられるようにした。
 ○ 進行方向が必ず上にくるように表示されるジョーク機能、カーナビゲートViewを追加。

 ○ The UOSA client fixes the problem that the login account name will be on uovmc as a character name during login.
 ○ Fixed a bug that Trammel had become Felucca in map conversion of UO2D. (Please erase facet**.2d file and reconvert)
 ○ Added Treasure Hant View, a mode for displaying according to the measure of the treasure hunt map at UO2D, UOSA clients.
 ○ The angle of rotation can be changed by right clicking on the arrow on the upper right.
 ○ The size and position of the map display area are prevented from fluctuating when the window is displayed at the front.
 ○ For SOS etc., it is possible to move coordinates by entering coordinates in a Sextant form.
 ○ Added joker function car navigation view that are displayed so that the direction of travel is always above.


[version 0b2 Beta2 / 2018/07/05]
 ○ メニューに表示するファセットの選択を追加。
 ○ プレイヤーのポイント位置の表示を大きくした。
 ○ アイコン表示を個別にオンオフできるようにした。
 ○ アイコン表示がオンで、ラベルがオフの場合、カーソルを合わせるとラベルが追加表示されるようにした。
 ○ UOAMやUOCで使われていた.mapファイルを同じフォルダにコピーすると、標準ラベルとして認識されるようにした。
 ○ UOのフォルダが見つからない場合に、フォルダを手動で変更できる設定を追加。
 ○ ユーザーラベルを任意に追加/編集/削除し、保存されるようにした。
 ○ より速くて軽い、64bit版 uovmc64.exe を追加。

 ○ Added selection of facet displayed on menu.
 ○ Increased the display of the player's point position.
 ○ Icon display can be individually turned on and off.
 ○ When the icon display is on and the label is off, labels are added and displayed when the cursor is placed.
 ○ When copying the .map file used in UOAM or UOC to the same folder, it is recognized as a standard label.
 ○ Added a setting that allows you to manually change folders when UO folder can not be found.
 ○ User labels can be arbitrarily added / edited / deleted and saved.
 ○ Add faster and lighter, 64bit version uovmc64.exe.


[version 0b1 Beta / 2018/07/04]
 ○ ベータバージョン 1

 ○ Beta Version 1