ゲームタイム 30  ゲームタイム 180 

位置共有/Pos Share





位置共有について(About location sharing)

 uovmcでは非常に高速、かつ必要最低限の通信で、ネットワーク越しの仲間の位置を共有することができます。
 理論上はタイムラグは通信時間を除いて最大で0.1秒0.05秒以内(*Version 0b5)なので、シビアな位置把握が必要なシーンでもほぼマス単位のリアルタイムな把握ができます。

 メニューの「ネットワーク共有設定」から開くダイアログでは、ネットワーク上で位置を共有できる機能の設定と接続の開始等ができます。

 With uovmc it is extremely fast and you can share the peers' positions across the network with the minimum necessary communication.
 In theory, the time lag is within 0.10.05 seconds at maximum(*Version 0b5), excluding communication time, so even in scenes where severe position grasping is required, it is possible to grasp almost in real time in units of masses.

 In the dialog opened from "Network sharing setting" in the menu, you can set the functions that can share the position on the network and start the connection.


位置共有で共有される情報(About location sharing)

 64bitハッシュキーによるユニークID、セルフネーム、プレイヤーのXYZとファセット、プレイヤーのセルフカラー、パニック状態の有無。デッド状態の有無。

 ○ 位置共有で、キーPを押すと、パニック宣言ができます。パニックは複数人が宣言できます。
  パニック宣言がでると以下の表示が加わります。
  ・左上にだれがパニックを出しているかがリストアップ表示。(自分の場合はカッコで囲まれます)
  ・画面が赤線で囲われる。
  ・パニックを出している人までのラインが表示。

 0b12 Rev.2 以降のバージョンでは、自動的に入るキャラ名などは共有されなくなりました。
 自分を識別する名前は、セルフネーム指定で設定する必要があります。


The unique ID, self-name by the 64-bit hash key, XYZ and facet of player, self color of player, presence of panic condition. Presence or absence of dead condition.

○ When you press the key P in position sharing, you can panic declaration. Multiple people can declare panic.
 When the panic declaration appears, the following display will be added.
  ・ List up on who is panicking on the upper left. (In my case it is surrounded by parentheses)
  ・ The screen is surrounded by red lines.
  ・ The line up to the person who is presenting the panic is displayed.

 In version 0b12 Rev. 2 and beyond, the name of a character that enters automatically is no longer shared.
 The name that identifies you must be set by self-name specification.


ホストになる場合(When becoming a host)

位置共有は、ホスト側となるサーバーと、そこに接続するゲストの2種類で成立します。
まず、ホストになるために必要なのは、パスワードを入力し、ポートを決定する事です。

2つを決定したら、次はネットワークにルーター越しでつながっているかどうかで選択が変わります。

● 使用しているIPが直接グローバルIPアドレスの場合
 UPnPのチェックをオフにして開始を押します。

● ルーター等を使用している場合
 UPnPをチェックし、開始を押します。
ただし、UPnPにアクセスできないエラーとなる場合は、接続を纏めているルーターがUPnPを受け付けていないため、ポート開放が行えません。
それでも利用する方法としては、手動でIPマスカレードテーブルを設定し、使用するポートを指定する必要がありますが、これはルーター毎にインターフェイスが違いますし、基本的にUPnPが使えるのを前提に作成したので割愛します。


 エラーメッセージなく開始ができたら、ウィンドウ下部にある「コピー元」というテキストボックスに、接続するためのIP:ポート:パスワードをまとめたテキストが表示されるので、これをコピー。チャットやIRCなどで相手に伝えます。
 ホスト側ですることは以上です。


 Position sharing is established by two types of servers: the host side and the guests connecting to it.
 Firstly, to become a host, you need to enter a password and determine the port.

 Once you have decided two, the next will change depending on whether you are connected to the network through a router.

● If your IP is directly a global IP address
 Turn off UPnP check and press "Run".

● When using routers etc.
 Check UPnP and press "Run".
 However, if you get an error that can not access UPnP, you can not open the port because the router that is assembling the connection does not accept UPnP.
 Still, as a method to use it, it is necessary to manually set IP masquerade table and designate the port to be used, but this is based on the assumption that the interface is different for each router and basically UPnP can be used I will therefore omit it.


 When you can start without an error message, text that summarizes "IP:Port:Password" for connecting is displayed in the text box "CopyFrom" at the bottom of the window, so copy it. Tell the opponent by chat or IRC etc.
 That's all there is to do on the host side.


ゲストになる場合(When becoming a guest)

 上記のホストを建てた人からコピーするトークン(接続に必要な文字列)をコピーペーストしてもらい、それをウィンドウ上部にある「コピー先」に入力し、接続を押します。
 ゲスト側でする事は以上です。

Have the copy to paste the token (the character string necessary for the connection) to copy from the person who built the host above, enter it in the "CopyTo" at the top of the window and press the "Connect".
It is over with guests.




トラブルシューティング(trouble shooting)

● 「UPnPの制御にアクセスできませんでした。UPnPが使用できない可能性があります」と表示される。
 ルーターが公共で管理されているものか、あるいはUPnPが有効になっていない可能性があります。
 ルーターが自分で管理しているものなら、ルーターのマニュアルを見て、UPnPの設定をオンにする方法を探しましょう。
 OSのサービスを確認し、「SSDP Discovery」と「UPnP Device Host」が開始されているか確認しましょう。
 公共のルーターに接続していて使用できない場合はセキュリティ上できなくされています。他の人にサーバーになってもらいましょう。

● "UPnP control could not be accessed, UPnP may not be available" is displayed.
 It is possible that the router is publicly managed, or UPnP is not enabled.
 If your router is managed by yourself, look at the router's manual and look for ways to turn on UPnP settings.
 Check OS services and make sure "SSDP Discovery" and "UPnP Device Host" are started.
 If you are connected to a public router and you can not use it, it is not made security safe. Let others be a server.

●「UPnPの不明なエラーです。時間経過で解決しない場合はルーターを再起動すると直る場合があります」と表示される。
 大抵の場合はルーターの再起動で直ります。
 それでも直らない場合は色々な理由が考えられますが、PCやルーターを全部再起動して、ルーターのUPnP設定も確認してもできなかったら…別の人にホストになってもらいましょう。

● "Unknown error in UPnP, if you do not solve it over time, it may be fixed after rebooting the router" is displayed.
 In most cases it will be fixed by restarting the router.
 If you still can not fix it, you can think of various reasons, but if you can not do it even if you reboot all your PC or router and check the UPnP setting of the router ... let another person host you.


● UPnPをオフにしてでてきたコピー元のテキストが「192.168.xxx.xxx」などのローカルアドレスである。
 これは当然ながらローカルネットワーク内からしか接続できません。
 UPnPをオンにして試してみて、それでもうまくいかない場合は別の人にホストになってもらいましょう。
 それでもどうしてもホストになりたい場合はルーターでIPマスカレードの設定をしてUPnPをオフにして開始し、
 「自分のグローバルIP:ポート番号:パスワード」を書き出して伝えましょう。

● The text of the copy originating from turning off UPnP is a local address such as "192.168.xxx.xxx".
 Of course it can only connect from within the local network.
 Try turning UPnP on and try it, if it still does not work, let another person host you.
 If you still want to become a host by all means set up IP masquerade on the router and turn off UPnP and start,
 Let's export and tell "My global IP:Port number:Password".