ゲームタイム 30  ゲームタイム 180 

ネットワークへの接続/Network Access





ネットワークへのアクセスについて(About network access)

uovmcは基本スタンドアローンで動きます。
クライアントとuovmc以外の何のソフトも必要なく、何のサーバーも必要ありません。

uovmcがネットワークにアクセスするのは以下のケースです。

uovmc works as a basic standalone.
You do not need any client other than uovmc, no server is needed.

uovmc accesses the network in the following cases.


起動時
Initial startup
OSがデジタル署名の失効状況を確認
接続先は GlobalSign (認証局)
The OS confirms the revocation status of the digital signature
The connection destination is GlobalSign (Certification Authority)

起動時
Initial startup
最新バージョンと一致するかuovm.infoサーバーにリクエストする。この時、テキストをダウンロードするためのGetリクエストのみで、何の情報も送信されない。
違っていれば、uovmc-upd.exeに移り、自動アップデートを試みる。自動アップデート時もデータのダウンロードを行うためのGetリクエストのみで、何の情報も送信されない。(0b4 Rev.1 Beta4 以降)
Request the uovm.info server to match the latest version. At this time, only Get request to download text, no information is sent.
If it is wrong, go to uovmc-upd.exe and try automatic update. Even during automatic update, only Get request to download data, no information is sent. (0b4 Rev.1 Beta 4 or later)

「現在の座標のマップURLを開く」を押す
Press "Open the map URL of the current loc"
uovm.info のマップページを規定のブラウザで開く(uovmc自体はアクセスしない。規定のブラウザのみ)
Open the uovm.info map page with the specified browser (uovmc itself is not accessed, only default browser)


「ネットワーク共有設定」で「接続」を押す
Press "Connection" in "Network sharing setting"
コピー先に記載したホストに対して位置情報の共有データの送受信を開始する。
切断すればアクセスはクローズされる。
送信されるデータは「ユニークキーとしての64ビットのハッシュ値,指定されたセルフネーム,X,Y,Z,ファセット,パニックフラグ、デッドフラグ」

ユニークキーは、どのクライアントの更新データなのかを判別するための一時データであり、例えばクライアントのウィンドウハンドルIDが変われば全く類似性のないハッシュ値に変わるため、個人の特定には利用されません。
また、今のところ小規模な利用を想定しているので、ハッシュ値のコリジョン(衝突)は考慮されていません。
Transmission of shared data of position information to the host described in the copy destination is started.
Access will be closed if disconnected.
The data to be transmitted is "64-bit hash value as unique key, specified self-name, X, Y, Z, facet, panic flag, dead flag"

The unique key is temporary data for determining which client's update data, for example, if the window handle ID of the client changes, since it changes to a hash value having no similarity at all, it is not used for individual identification .
Also, since we are assuming small scale use at the moment, collisions of hash values are not taken into consideration.

【注意/Caution】
0b12 Rev.2より古いバージョンでは、共有される名称にキャラ名を使用しているので、クライアントのウィンドウの名称に載るアカウント名を拾って送信してしまう問題がありました。
これ以降のバージョンでは、「セルフネーム指定」によって指定された文字列のみが送信される対象となるため、キャラクター名、あるいはアカウント名が送信されてしまうことはありません。

In the version older than 0b12 Rev.2, since the character name is used for the shared name, there was a problem of picking up the account name listed in the name of the window of the client and sending it.
In later versions, only the character string specified by "self-name designation" will be sent, so the character name or account name will not be sent.