ゲームタイム 30  ゲームタイム 180 
Gumpモードの操作


 この機能はバージョン 0b3 で導入されました。

 GumpモードはArtモードと同じく画像一覧ですが、そのままリストにすると透明箇所ばかりで何も見えないため、リスト全てをトリミングしています。
 バージョン 0b3 ではトリミングをネイティブコードで高速化し、さらにキャッシュを取るようにしたので、Artに比べると若干重い程度には軽減できていると思います。

 真ん中のエリアにアイテム画像の一覧が表示されます。
 画像を左クリックすると、右エリアにフルサイズの画像が表示されます。

指定色コードにジャンプ
 右エリアの下部には、色コードの指定を行う所があり、数値を入力すると色が反映されます。
 gray のチェックボックスは、全体が色付きになるものではないアイテムの場合にチェックをいれます。
 標準カラーに戻したい場合は空欄にします。
 色コードの指定には、整数(111)または16進数(0x111)での指定が可能です。
 0b3 以降では、カラー名で指定するメニューが追加されています。

アイテム画像の指定
 右エリアの下部に、ID指定という入力欄があります。ここには選択しているIDが入れられていますが、ここを任意に変更し、エンターキーを押すと、指定したIDのアイテム画像の場所へと移動し、選択されます。
 IDの指定には、整数(111)または16進数(0x111)での指定が可能です。

画像の保存
 真ん中のエリアの画像は複数選択することができます。選択方法はエクスプローラーなどと同様です。
 選択した後に右クリックすると、pngで保存とbmpで保存の2種類と、それぞれのトリミングモードのメニューが出ます。
 トリミングを選んだ場合は、透明ではない範囲のみを切り取って保存します。
 選択すると、uovmvがあるフォルダの image フォルダ下に Gump(番号)hue(番号).png などの名前で画像が保存されます。

大きい画像の全体表示
 右の枠に入りきらない大きい画像は、リストの右クリックで「別のウィンドウで表示」を選択すると、別ウィンドウで全体を見ることができます。